水野健先生が動画で解説、宅建からステップアップしたい資格

宅建は不動産系の人気資格であるが、取得者も多い。差別化を図るにはダブル資格が効果的である。

もっとも宅建はもちろんだが、司法書士や行政書士など難化をしている試験が多く、ダブル資格を目指すと言えども、労力・時間・費用ともにネックになるかもしれない。

そこで受験生の方におすすめなのが、LEC東京リーガルマインド宅建講座の実力派講師である水野健先生の動画「宅建から拡がるおすすめ不動産系資格」である。水野健先生の詳細はこちら

この動画では、住宅建築コーディネーターや赤外線建物診断技能士、相続診断士、住宅販売士、住宅ローン診断士などを紹介。ちょっとマイナーなイメージだが、実務経験豊富な水野健先生の説明を聞けば、なるほど!と思うだろう。

中には取得が簡単な資格もあり、宅建のステップアップとして最適な資格もありそうだ。差別化を図りたい方におすすめと言えるだろう。宅建からのステップアップはこちら(LEC宅建講座)

■ 水野健先生の動画解説「宅建から拡がるおすすめ不動産系資格」

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

(スポンサーリンク)

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. LEC宅建、全日本宅建公開模試は合格への必須アイテム
  2. 過去問は例外規定、判例は常識を活用すれば得点力アップに!
  3. 【無料動画まとめ】あの人気の通信講座が2020年度宅建試験の正答率の低い問題を徹底解説!
  4. 【2022年】おすすめ競売不動産取扱主任者通信講座を厳選!あの横田政直先生が教えるから安心。合格お祝い金も!
  5. 【経験者の私が断言】宅建と行政書士試験ダブル合格の3つのメリット&目的別おすすめ通信講座まとめ
  6. 難関の不動産鑑定士試験も宅建受験生なら断然有利!
  7. 合格講師!
    【独学受験生必見!】宅建試験合格戦略を大沢茂雄先生(元資格の大原)が動画で解説!【全16回】
  8. 【無料動画まとめ】あの人気の通信講座が2021年度宅建試験の正解率の低い問題を徹底解説!