【衝撃価格】ゼミネット宅建講座、元大手スクールの実力派講師陣の講義が驚きの低価格!

元大手スクールの講師陣による映像講義で、驚きの低価格の通信講座があります。それがゼミネット宅建講座です。

ゼミネット宅建講座
▲実力派講師陣による講義(画像はゼミネット宅建講座から)

ゼミネット宅建講座のおすすめポイントまとめ

宅建試験向けの通信講座は数多くありますが、ゼミネットのおすすめポイントは何でしょうか?まとめます。

実力派講師陣による講義

ゼミネット宅建講座は、実力派講師陣による映像講義を提供しています。また科目別に専門の講師を配置する力の入れようです。

実力派講師陣まとめ(2018年度コース)
  • 渡部正和先生(権利関係)
  • 名取孝先生(権利関係)
  • 本鳥有良先生(宅建業法、法令上の制限ほか)
  • 大澤茂雄先生

しかも、例えば渡部正和先生は元・LEC東京リーガルマインド講師、大澤茂雄先生は元・資格の大原講師と、指導経験豊富な先生を用意しています。

【参考動画】大沢茂雄先生の講義動画(宅建ダイナマイトから)

【参考動画】渡部正和先生の講義動画(「わたべ塾、マン管ガイダンス」から)

受験生

元大手スクールの講師とあって、聞きやすい講義ですね

驚きの低価格!

何といっても一番のおすすめポイントが「驚きの低価格」です。受講期間によって受講料が変わります(税込、2018年10月現在)。

受講期間 受講料
2か月コース 5,000円
6か月コース 12,000円
12か月コース 20,000円

驚きなのは、受講期間中は宅建以外にも対象講座が受け放題!という点です。

対象講座一覧(一部)
日商簿記3級・2級 社会保険労務士 FP技能士3級・2級 マンション管理士・管理業務主任者 行政書士 中小企業診断士 通関士 公務員試験(国家一般職・地方上級) ビジネス実務法務検定3級・2級 衛生管理者 秘書検定3級・2級 測量士補ほか

試験ガール

せっかくなので、マンション管理士や管理業務主任者、行政書士、FPなどダブル合格を目指しませんか?

安さの理由は?

安さに理由は、ネット環境を利用した通信講座である点。さらに「講義レジュメは自分でダウンロードする」点にあります。

このように校舎代・印刷代などを徹底的に削減することで、驚きの低価格を実現しています

安い!
(「安い!」、画像はイメージです)

講座内容・カリキュラムは?

もちろん安いだけではありません。講義時間も80時間とボリュームがあります(2018年度コース)。

講義内容(全80時間)

  • 宅建業法初級編(4時間)
  • 民法初級編(3時間)
  • 宅建業法テクニック編(10時間)
  • 民法テクニック編(21時間)
  • 都市計画法(4時間)
  • 建築基準法(4時間)
  • 国土利用計画法(1.5時間)
  • 土地区画整理法(1.5時間)
  • 農地法(1時間)
  • 宅地造成等規制法他(1時間)
  • 税・価格の評価(3時間)
  • その他(5点免除科目)(3時間)
  • 民法演習編(16時間)
  • 法令上の制限チャレンジ100(5時間)
試験ガール

ご覧のように、初級講義のほか演習講義もあります。なお講義内容は変更する場合があります

受講方法としては、専用レジュメをダウンロードし(必要に応じて自分で印刷)、映像講義を視聴します。

なお、参考図書として「パーフェクト宅建(基本書・一問一答問題集など)」が指定されています。

質問制度も

もちろんゼミネット宅建講座では、質問制度も用意。「受講生専用・単元別の質問掲示板「Q&A」で、迅速・的確な質問回答を実現(公式サイトより)」という内容です。

口コミと評判は?合格者の声も

ここでゼミネット宅建講座の口コミと評判をまとめたいと思います。

合格者の声

合格者

おかげさまで合格いたしました。
民法が面白くて、楽しみながら勉強させていただくことが出来ました。
(引用、ゼミネット宅建講座

民法(権利関係)は宅建業法のように暗記で解ける分野ではありません。理解が必要な科目です。

したがって指導経験豊富なベテラン講師による講義で、ぜひ理解を深めていただきいと思います。

合格者

ハッキリ鮮明に見れるのでビックリしました。ユーチューブみたいな画質かと思ったら、全然違いました。
DVD講座はテレビで見なければいけないので個人的には好きではないのですが、パソコンだと自分の道具になったみたいです。先生をクリックしたりしました。
(引用、ゼミネット宅建講座

ゼミネットの講義は「鮮やかな映像講義」です。わかりやすい電子黒板の採用など工夫も。

またパソコンはもちろんスマホでの学習も。「いつでも」「どこでも」「繰り返し」学習が可能です。

【まとめ】ゼミネット宅建講座はこんな受験生の方におすすめ

ここで学習形態などまとめます(講義時間や価格は、2018年10月1日現在です)。

比較項目 内容
受講形態 通信講座(Web動画講義)
講義時間 約80時間
レジュメ あり(ダウンロード)
質問制度 あり
価格 2か月5,000円から(税込)
入学金 なし
おすすめ度 丸4個
こんな受験生の方におすすめ
  • 指導経験豊富な講師の講義を受けたい
  • とにかく費用を抑えたい
  • スキマ時間で学習したい(1単元は10分から20分で構成)

なおゼミネット宅建講座では、「無料体験」や「無料の講座パンフレット(資料請求)」を用意しています。こちらも併せてご利用ください。

1位
ゼミネット
ゼミネット

元資格の大原の大沢茂雄先生(宅建・マン管講座)や、元LECの渡部正和先生(宅建講座)など、実力派講師陣による講義!

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. リブー宅建講座
    ●無料の宅建講座Livoo!リブーが有料に。ただし実質0円とは?
  2. アガルート宅建講座の学習カリキュラム
    アガルート宅建講座は講師陣がすごい!口コミと評判も
  3. TAC宅建独学道場
    TAC宅建独学道場、独学並みの費用でスクール並みの充実さ
  4. no-image
    ユーキャン宅建講座の口コミと評判は!評価も
  5. no-image
    資格スクエア宅建講座の口コミと評判は?評価も!
  6. 大栄宅建講座
    大栄宅建講座、通学講座なのに自分だけのスケジュール!口コミと評判も
  7. ゼロ円模試
    【無料】LECゼロ円模試、学習進度の確認と直前期学習の指針に