宅建対策には速読が役立つ

資格試験対策に役立つのが速読である。学習範囲が広い宅建試験対策にも役立つことは間違いない。

私の場合は学生時代にユーキャンの速読講座を利用して速読のテクニックを身に着けた。当時3万5千円の受講料が払えず、毎月3,000円づつ振り込んだ記憶がある。

しかし添削などの指導のおかげで毎分3000字程度までスピードアップすることができた。一般的な方の3倍くらい速いだろう。3倍速ければインプット速度も3倍、学習期間は3分の1になる計算になる。他の受験生よりも有利になることは間違いない。

もっとも前述の通りユーキャンの速読講座は内容は充実しているものの結構高い。そこでアマゾンなどを探してみると通信講座よりも価格が安い速読の「書籍」や「ゲームソフト」が用意されている。

一般的な速読講座で行っているトレーニングは「視野拡大」「脳トレ」「本を使っての実践演習」の3つに収束される。ユーキャン速読講座も基本的には同じだ。そして書籍やゲームソフトでもこれらも3つのトレーニングを中心に進めているのだろう。したがって宅建試験対策や毎日のビジネスに速読を活用したい受験生の方は書籍などを利用してみるのも手だ。

最後に速読はテクニックであり、トレーニングで十分に身につくものだ。ぜひ活用して宅建試験の合格につなげて欲しいと思う。宅建講師ブログはこちら

補足がある。それは速読のテクニックをマスターしても、あまり使わないと効果が落ちる点である。その場合はユーキャンの教材を復習するとか、早く読む意識を持って読書にあたりたい。

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

(スポンサーリンク)

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. LEC宅建士講座、法改正情報・宅建NEWSなど
  2. 合格講師!
    RETIOメルマガ・住宅新報・週刊住宅など不動産情報を比較まとめ
  3. 講義の効果的な受け方と、自宅学習の集中力アップのポイントとは?
  4. 合格講師!
    【2021宅建試験】統計動画解説まとめ!合格者は確実に正解している!
  5. 難関の不動産鑑定士試験も宅建受験生なら断然有利!
  6. 本を読む
    宅建業法「事前的な規制」と「事後的な規制」で理解が深まる
  7. 応援
    あのプロ野球の名監督が宅建試験に合格していた!元阪神のあの人は不動産営業で活躍!
  8. LEC宅建本試験100日前の大作戦会議