講義の効果的な受け方と、自宅学習の集中力アップのポイントとは?

講義の効果的な受け方は「予習は銀、復習は金」

宅建受験生ならば通信や通学の試験対策講座を利用する方が多いと思う。そこでやっておきたいことが予習だ。

当たり前のことかもしれないが、予習をしない受験生は意外と多い。その理由として宅建試験の場合、社会人受験生など学習時間に制約がある点、そして腕に覚えのあるベテラン講師だと「授業中に理解+復習でフォロー」という授業スタイルを採っていることがあるからだ。

これでも十分に効果は見込めるだろうが、ぜひ講義には予習をして臨みたい。まず疑問点の解決など目的意識を持って講義に臨めるし、また予習段階で理解した所は授業では軽く流す感じで対処できる。つまりメリハリをつけて授業に臨める訳だ。

誰が言ったか知らないが、「予習は銀、復習は金」という格言がある。しかし予習の重要性を考慮すれば、「予習は金、復習も金」と言った方が正しい。受験生の方もぜひ予習に力を入れて毎日の学習に取り組んで頂きたい。

そして復習をしっかり行い、重要知識をマスターしたら、次は問題演習である。結局のところ、得力がついて初めて宅建士試験の合格が見えてくる(これは他の難関試験でも同様だが)。

宅建士試験の場合ならば、まず過去問、それでも余裕があれば市販の予想問題集などを繰り返し解いてみるのがおすすめだ。この点から言えば、問題演習は金よりも高いプラチナと言えるだろう。

自宅学習のポイント「無駄な時間を排除!やるべき勉強内容を明確にする」

宅建士試験の受験生の多くは、学習時間に制約がある(満足に取れない)社会人の方だと思われる。したがってスキマ時間の学習は、短期合格への決め手とも言えるだろう。

しかしながら実際の場面になってみると、何から手を付けて良いか分からず、時間を無駄にしてしまうケースも少なくない。

そこで大切なのが、学習すべき内容を「明確」にすることだ。具体的には、取り組むべき学習内容に「優先順位」を付ける。知識不足を感じているならばテキストの読み込み、実戦力不足ならば過去問題集を始めとしたアウトプットトレーニングである。

ここで自分が「今」必要とする内容を考えて欲しい。どうだろうか?知識なのか、トレーニングなのか?これにより優先すべき学習内容が明確になり、すきま時間さえ無駄にすることはないだろうと思われる。

ここから具体的に見てみよう。まず初学者の方である。

  1. テキストの復習
  2. 次の講義の予習
  3. 一問一答問題集を解いてみる

このような感じで取り組んでみたらいかがだろうか。知識の定着には、まず「復習」。そして繰り返しである。スクール利用の方ならば予習もしてみる。

そして実力確認としては、過去問を解いてみるのがおすすめだが、いきなりは難しいかもしれない。そこで一問一答問題集の活用だ。4肢択一の本試験問題と異なり、一問一答形式の出題のため、短時間で学習が完結する。しかも分野別の編集であり、苦手分野を中心に学習してみるなど、目的に応じてさまざまな活用法が期待できる。

次に中上級レベル・学習経験者の受験生の方である。基本的な内容は初学者の方の同じであるが、一通り学習を終えているため、弱点箇所を発見し、丁寧にフォローすることが得点力アップにつながる。

この弱点分野の発見には問題集の活用もおすすめだが、ある程度学習も進んでいるため、模擬試験の利用もおすすめだ。受験者が多い大手スクール(TACやLECなど)の模擬試験を受験されると良いだろう。解答時間に制限があるため、本番の宅建士試験のシミュレーションとしても利用できる。

なお毎年夏にLEC東京リーガルマインド宅建士講座で、無料模試が実施されることがある。完全無料なのだが、通学受験あり、成績処理あり、と無料とは思えないレベルなのだ。中上級レベル受験生の方はもちろんのこと、初学者受験生の方にもおすすめの無料模試である。

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. 宅建カーニバル
  2. 合格講師!
    【宅建試験】統計動画解説まとめ!これで貴重な1点を
  3. LEC宅建ファイナル模試
  4. 宅建通勤講座、スキマ時間で短期合格が目指せる
  5. LEC宅建、実力診断模試
  6. 合格発表を早く知る方法と、合格証が届くまでの時間【実物あり】
  7. 応援
    あの西武ライオンズ監督が宅建試験に合格していた!
  8. おためしWeb受講制度