アガルート宅建講座は講師陣がすごい!口コミと評判も

法律系資格スクールのアガルートが宅建講座に参入しました。いま注目の宅建講座です。

アガルートとは?

アガルート(正式名称はアガルートアカデミー)とは、司法試験や行政書士試験など難関法律系資格スクールです。

代表者は工藤北斗氏。元LEC司法試験講座の実力派講師の方です。現在はアガルートアカデミーをスタートされ、法律系資格のほか公務員試験講座などを開講しています。

アガルート宅建講座
▲アガルート宅建講座(画像は公式サイトから)

アガルート宅建講座のおすすめポイントとは?

宅建講座は多くのスクールが開講していますが、アガルートのおすすめポイントは何でしょうか?まとめてみます。

講師陣(林裕太先生、小林美也子先生、古田大悟先生)は元大手スクールの実力派講師

なんと言っても一番のおすすめポイントは「講師陣」です。2018年10月現在の講師陣だと、林裕太先生、小林美也子先生は元大手スクールの実力派講師の方です

さらに古田大悟先生もアガルート宅建講座に参加されました。

講師陣は元大手スクール講師
  • 林裕太先生は元資格の大原講師
  • 小林美也子先生は元LEC東京リーガルマインド講師
  • 古田大悟先生は元Wセミナー・資格総合学院講師
試験ガール

講師の教え方ひとつで、理解度も違ってきます。指導経験が豊富なのは安心です

1年で合格を目指す合理的な学習システム

宅建試験は人気資格ですが、最近の難易度・合格率を見てもわかるように、決して簡単な試験ではありません。

そんな宅建試験に効率よく合格が目指せるよう、アガルートでは工夫をしています。

宅建の勉強
(画像はイメージです)

1
インプットとアウトプットの同時並行

独学者が失敗する例として、テキストを読破してから過去問学習に移るケースがあります。これではインプット時に重要箇所がわからないし、「最後まで読んだら最初の内容を忘れていた」、なんてこともあります。

そこでアガルート宅建講座では、「インプットとアウトプットの同時並行」を行っています。これだとインプット時に重要箇所がわかるし、実戦力もつきやすいです。

試験ガール

アウトプットは実際の過去問を使用します(「過去問解析講座」)

2
テキストはフルカラー

市販のテキストは2色刷りが多いですが、アガルート宅建講座ではフルカラーテキストを採用しています。

頭に入りやすいし、「ラインマーカーを塗っているうちに、先生の話を聞き逃した」なんてこともありません

受験生

先生の話に集中できそうです

なお、サンプルテキストをアガルート宅建講座ホームページにて公開しています。

3
2人の講師による講義

一般的なスクールだと、事前にサンプル講義を視聴して、一人の講師を選びます。アガルートでは二人態勢となっています。

本カリキュラムの中核となる 「総合講義」は,林裕太講師と小林美也子講師の2人の講師の講義を受講することができます。 普段は相性のよい講師の講義を聞き,分からない点や重要な点は,もう一人の講師の説明を聞いてみれば,すんなりと頭に入ってきたり,理解が深まったりします。
引用アガルート宅建講座

受験生

気分転換にも、いいかも

4
音声ダウンロードも可能なWeb動画講義

アガルート宅建講座では、Web動画講義を採用しています。したがってスマホさえあれば、どこでも学習可能。また7段階の倍速機能もあるので、メリハリのある学習もできます。

試験ガール

音声ダウンロードもできるので、満員の通勤電車内で「復習」なんて使い方も

5
オンライン通信講座だからできる「お手軽価格」

アガルートアカデミーは通信講座を中心とした試験対策講座です。したがって校舎など費用が節約でき、その結果、従来の通学スクールと比較して「お手軽価格」が実現しました。

講座内容は?

ここで講座内容を見てみましょう。

講座内容(2018年合格目標コース)
  • 総合講義(約65時間)
  • 過去問解析講座(約25時間)
  • 総まとめ講座(約10時間)
  • 模擬試験(1回)

このようにバランスよくコースが組まれています。宅建試験は過去問のマスターが必須ですが、「過去問解析講座」では300問(6年分)の問題を解きます。

試験ガール

一般的な受験生は5年分を解くと思いますが、1年分多いです

さらに総仕上げの「総まとめ講座(約10時間)」と、実力確認と出題予想を兼ねた「模擬試験(1回)」と理想的な内容です。

アガルート宅建講座の学習カリキュラム
▲インプットとアウトプットを理想的に組み込んだ学習スケジュール(画像はアガルート宅建講座から)

講義動画まとめ

実際に宅建講義を様子を見てみましょう。

林裕太先生「総合講義 宅建業法 初回講義」

小林美也子先生「総合講義 権利関係 初回講義」

試験ガール

お二人の先生とも、元大手スクールの講師とあって、落ち着いた感じがします

口コミと評判は?合格者の声も

ここで口コミと評判についてまとめたいと思います。

合格者の声

合格者

実際に受講を開始してみると,講義が10分~30分くらいと短いチャプターからなっているため,隙間時間で勉強が出来ました。中でも林講師の説明が具体的で,かつ時々寸劇的な説明もあり,知識をイメージで覚える事が出来ました。
(引用、アガルート宅建講座

通学講座だと、休憩をはさんで90分とか2時間の講義となります。それに対してアガルートでは比較的短い単元(講義時間)で構成されています。

したがって移動中などのスキマ時間の学習や、集中力に自信がない方にもおすすめです。

【まとめ】アガルート宅建講座はこんな受験生の方におすすめ!

ここで学習形態などまとめます。

比較項目 内容
受講形態 Web動画講義
インプット講座 総合講義(約65時間)
アウトプット講座 過去問解析講座(約25時間)
直前講座 総まとめ講座(約10時間)
模擬試験 あり
サンプル講義 総合講義 権利関係 初回講義 (林裕太講師)
テキスト見本 公式サイトで公開(PDF)
質問制度 あり(講師が自ら回答)
価格 公式サイトでご確認ください
特記事項 キャンペーンを実施することも
おすすめ度 丸4個
こんな受験生の方におすすめ
  • 分かりやすい講師の講義を受けたい
  • 法律資格に力を入れているアガルートを希望
  • 費用を抑えたい

このほかアガルート宅建講座の詳細については、公式サイトでご確認ください。

1位
アガルート
アガルート

元大手スクールの林裕太講師、小林美也子講師、古田大悟講師などによる分かりやすい講義。充実したフォロー体制で安心。

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. TAC宅建独学道場
    TAC宅建独学道場、独学並みの費用でスクール並みの充実さ
  2. 大栄宅建講座
    大栄宅建講座、通学講座なのに自分だけのスケジュール!口コミと評判も
  3. ゼロ円模試
    【無料】LECゼロ円模試、学習進度の確認と直前期学習の指針に
  4. 10校分の資料請求をしてみた
    【無料】大手宅建通信予備校の資料請求が一括でできる!価格の比較も!
  5. ユーキャン宅建講座の口コミと評判は!評価も
  6. リブー宅建講座
    無料の宅建講座Livoo!リブーが有料に。ただし実質0円とは?
  7. ゼミネット宅建講座
    【衝撃価格】ゼミネット宅建講座、元大手スクールの実力派講師陣の講義が驚きの低価格!
  8. 資格スクエア宅建講座の口コミと評判は?評価も!