山本浩司先生の宅建一発合格の戦略を楽しむ本『「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾』

Wセミナー司法書士講座の人気講師・山本浩司先生の宅建攻略本です。

山本浩司先生は難関の司法書士試験に一発合格(しかも短期間で)、その受験中に生み出した「2WAY方式」「ウサギとカメ方式」を使って宅建試験や行政書士試験に一発合格。

そのノウハウをまとめたのが『「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾』です。

『「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾』には短期合格への戦略が詰まっている!ただし発行年度が古い

宅建試験対策というと、「講義を聞いて過去問のマスター」が鉄板です。難化した最近の試験でも同じ。

それに対し、山本浩司先生は「戦術」と「戦略」の違いと大切さを説いています。

ここがポイント!

戦術⇒学力を向上させるための方法論(どの通信講座を使うとか)
戦略⇒「点を取る」ための取捨選択の作業

本書では後者の戦術の大切さを強調しています。学習時間に制約のある社会人ならば、満点を目指すのではなく、(年度により違いはあるが)合格ラインの70%越えをめざす、それには戦略が必要だよと。

宅建試験における戦術として、民法の理解と宅建業法のマスター、そしてその他の科目の学習法を書かれています(農地法などのマイナー分野は過去問勝負など)。

一番のおすすめは、民法の説明

一番のおすすめは民法の章です。山本浩司先生の「戦略」にもとづいたメリハリのある説明と、ウサギとカメ方式など独自の解説です。

もっとも発行年度が古い(2006年)。当然、その間には法改正あり、制度の改正あり、というわけで、最近の宅建試験対策としては使えません。

代替案として山本浩司先生のノウハウが詰まった「オートマシステムシリーズ」を使うのも手でしょう。宅建試験に該当する民法分野を読むだけでも理解がふかまります。

結論としては、得点計画とか、どの分野に力を入れるべきとか、過去問だけでOKな科目など、山本浩司先生独自の考えを知りたい方におすすめです。

たかちゃん
合格者たかちゃん

山本浩司先生の宅建一発合格の「戦略」を楽しむ本です。

内容紹介
資格試験のカリスマ講師が、宅地建物取引主任者試験の合格のツボを伝授する。不動産業に携わる人には取得が必須となる宅建は、平成17年度実績で合格率は17・3パーセント。つまり5人に4人は落ちている。出題範囲も広く、法律系の学習経験がない一般の受験生にとっては結構ハードルが高い資格である。6ヶ月の学習で難関・司法書士試験を突破、その「実績」でいきなり早稲田セミナーの講師となった著者は、法律系資格試験の制覇をめざして今回は宅建に挑戦。もちろん一発合格を果たした。その体験をもとに、宅建試験の仕組みと本質、具体的な学習法という戦略と、民法、宅地建物取引業法、都市計画法、建築基準法などのポイント学習という戦術に分けて合格のためのヤマモト・メソッドを披露する。

内容(「BOOK」データベースより)
司法書士試験界のカリスマ講師が異分野の試験を体験して得た「秘術」を公開。「半分解ければ合格する」近道を「天才」がたっぷり解説。ローマは1日にしてなる。

引用「資格の天才」ヤマモトの宅建一発合格塾|アマゾン

【参考動画】「10分でわかる!オートマシステム(山本オートマチック)の特長を山本浩司先生がみずから解説」

画像のクリックで動画が再生します

まとめ、最新版の発行が待たれる

ここまで山本浩司先生の宅建試験一発合格のノウハウをまとめた書籍についてまとめてきました。

それにしても2022年7月現在、最新版が発行されません。毎年の宅建試験の受験者は20万人前後なので、マーケットとしては充分に見込めると思いますが。

なお、山本浩司先生は独自にブログ記事(講師ブログ)で情報を発信されています。司法書士試験の話題が中心ですが、同じ不動産資格の宅建に関する記事もあるかもしれません。ぜひ参考に。

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

私が厳選する宅建通信講座

ここがおすすめ
ランキング1位LEC宅建講座 宅建指導歴37年のレジェンド。全国規模の大手スクールなので、総合講座から直前講座、単科講座、模擬試験など、自分にピッタリな講座が見つかる!おすすめ度は星5個5.0

私のイチ押し講座 ⇒ LECの若手実力派・有山あかね先生の講座が安い!「スキマ時間で宅建合格Webコース
ランキング2位アガルート宅建講座 林裕太先生(資格の大原)、小林美也子先生(元LEC)、横田政直先生(元TAC)などベテラン講師だから分かりやすい。

徹底した演習カリキュラムで得点力アップ、月1回のホームルーム、合格特典など、学習を続けらえる工夫が満載。おすすめ度は星4.5個4.5詳細記事はこちら
ランキング2位オンスク 月額制(サブスク)で受講できる通信講座。TAC宅建講師陣による講義もソレマル。

ただし問題の演習量十分でないので、自分で補強をしないといけない。おすすめ度は星4個4.0
合格者たかちゃん

⇒あの人気講師が書いた「宅建試験非常識合格法」書籍プレゼント!(先着100名様)

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

おすすめスクールまとめ

関連記事

  1. 【2022】合格者がおすすめ宅建模擬試験(書籍タイプ)まとめ
  2. 松村保誠先生の宅建試験「最短最速」合格法の評価は?
  3. 福田大助、難関資格合格したけりゃ、本は読むな!―社会人こそ、最短時間で一発突破できる
  4. 【2022】合格者がおすすめ宅建過去問題集まとめ!LECそれともパーフェクト宅建?
  5. 【LEC宅建】出る順シリーズの口コミと評判は?ズバリ評価!
  6. 【2022】おすすめ宅建六法まとめ!宅建ダイジェスト六法と最新宅建六法を比較!
  7. 【2022】宅建おすすめの一問一答問題集まとめ!肢別に学習するメリットも
  8. 安い!
    不動産法律セミナーの特長と口コミと評判、定期購読・バックナンバーは?