LEC宅建本試験100日前の大作戦会議

宅建受験生の方にとっては本試験まで残り100日あまりとなった。昨年、その前の年の本試験を見ても分かるように出題傾向を少しずつ変え、そして難易度も難しくなった。試験実施団体が合格者を絞り込んでいる、そんな印象も受ける。

しかし受験生の方は何が何でも合格する必要がある。そこでLEC東京リーガルマインド宅建講座では、2014年6月28日(土)に2時間30分に亘り「宅建本試験100日前の大作戦会議」を実施する。

これはLEC新宿エルタワー本校で実施されるもので(LECの一部校舎でも配信の予定)、LEC宅建講座の実力派講師が集まる。そして宅建試験の傾向分析や今年出題が予想される改正点を解説するもの。

今年の本試験まで、残り100日。最後のラストスパートのきっかけになるイベントと言えよう。なお今回のイベントは有料制。無料ガイダンスでは話せない内容も期待できそうだ。2014年合格目標 LEC宅建「本試験100日前の大作戦会議」の詳細はこちら

(関連動画)
LEC宅建講座出る順宅建重要ポイント555発売記念公開講座 黒田武雄先生

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

(スポンサーリンク)

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. 宅建解答速報まとめ!講評・合格ライン予想も
  2. 【無料動画まとめ】あの人気の通信講座が2021年度宅建試験の正解率の低い問題を徹底解説!
  3. LEC宅建、全日本宅建公開模試は合格への必須アイテム
  4. 【経験者の私が断言】宅建と行政書士試験ダブル合格の3つのメリット&目的別おすすめ通信講座まとめ
  5. 【2022】おすすめの宅建登録実務講習を厳選まとめ!遅刻は絶対にダメな理由とは?
  6. 応援
    あのプロ野球の名監督が宅建試験に合格していた!元阪神のあの人は不動産営業で活躍!
  7. 本を読む
    宅建業法「事前的な規制」と「事後的な規制」で理解が深まる
  8. 過去問は例外規定、判例は常識を活用すれば得点力アップに!