宅建とダブル合格を目指したい不動産関連資格とは?

不動産系資格は宅建だけではない、関連資格を紹介

2020年の東京オリンピックなどの影響により、都市部では不動産市場が好況に沸く。不動産神話は崩れていなかった、そんな感じだ。

さて不動産系資格と言えば宅建が人気だが、宅建は契約だけに携わるものであり、その後の登記やマンションならば維持管理など、不動産系関連資格は他にもたくさんある。

これらの関連資格は方向性が異なるように見えるが、試験科目の重複など、宅建受験生ならば優位に立てる要素が多い。

そこで受験生の方におすすめなのが、資格の学校TACの特集ページ「不動産に関わる仕事」である。これは宅建に関連した不動産系資格である不動産鑑定士、マンション管理士、管理業務主任者について業務の魅力などを解説している。

宅建のみならずダブル資格で更なるビジネスチャンスの拡大を狙う受験生の方におすすめだ。

宅建からステップアップできる資格とは

不動産系の人気資格である宅建。この宅建は不動産系の入門資格であり、周辺資格へステップアップすることで、より業務の幅が広がる。

もっともステップアップする際にも、宅建と試験科目が重複する資格が負担がなくおすすめだ。具体的なものとして、不動産鑑定士・マンション管理士・業務管理主任者が挙げられる。

とはいうものの難易度もまた出題傾向も異なる。そして合格後の業務についても知っておきたい。

講師による解説も「資格取り方選び方全ガイド」

資格試験の合格には「敵を知ること」。実施スケジュールや難易度等、合格戦略の立てるにデータは必要。

それに役立つのが「資格の取り方選び方全ガイド」である。これは高橋書店による製作で、詳細な試験データの他、受験料な難易度など、試験対策の学習を始める前に役立つ情報も多い。

またLEC東京リーガルマインドの講師によるコメントもあり、講師による分析もうれしい。

[amazonjs asin=”4471460501″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”資格取り方選び方全ガイド 2019年”]

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

(スポンサーリンク)

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. 講義の効果的な受け方と、自宅学習の集中力アップのポイントとは?
  2. 合格講師!
    【宅建試験】年度別講評動画まとめ【過去問分析にも】
  3. 宅建から司法書士へステップアップ!3つのメリットとおすすめ通信講座5選!
  4. 宅建試験の合格発表(合格ライン)を早く知る方法と、合格証が届くまでの時間【実物あり】
  5. 宅建解答速報まとめ!講評・合格ライン予想も
  6. LEC宅建ファイナル模試
  7. 【無料動画まとめ】あの人気の通信講座が2019年度宅建試験の正答率の低い問題を徹底解説!
  8. 【無料動画まとめ】あの人気の通信講座が2020年度宅建試験の正答率の低い問題を徹底解説!