LEC宅建、全日本宅建公開模試は合格への必須アイテム

宅建試験の合格には模試の受験は必要不可欠である。本番を意識した時間管理、スクールによる予想問題に触れるチャンス、他の受験生を目にすることで受ける刺激、など模試のメリットは多岐に亘る。

そして本試験合格に向けて絶対に受験しておきたいのが、LEC東京リーガルマインド宅建講座の「全日本宅建公開模試」だ。無料で利用が可能が「ゼロ円模試」がオードブルならば、こちらはメイン料理に該当する。

その理由として「受験生の多さ」、「問題の質」が挙げられる。そしてもう一つの理由が「フォロー体制」である。具体的には「2013年宅建NEWS8月号や法改正情報が無料で閲覧」できる点だ。

この宅建NEWS8月号は私もお世話になった。当時はLEC宅建ホームページのトップページからリンクが張っており、数ページのPDFファイルだったが統計資料が手際よくまとめられ、本試験本番でも統計問題で貴重な1点が稼げた。

今年の場合は模試利用者などに限定公開され、Myページ登録してログインすると閲覧できる仕組みになっている。この他にも法改正情報も知ることが可能だ。

このように全日本宅建公開模試は単なる模擬試験に留まらず、貴重な試験対策の情報源としても利用できる。したがって「宅建試験合格への必須アイテム」にふさわしい模試なのだ。全日本宅建公開模試の詳細はこちら

たかちゃんの宅建試験合格証
▲私の宅建試験合格証です

私が厳選する宅建通信講座

ここがおすすめ
ランキング1位LEC宅建講座 宅建指導歴38年のレジェンド。全国規模の大手スクールなので、総合講座から直前講座、単科講座、模擬試験など、自分にピッタリな講座が見つかる!おすすめ度は星5個5.0

私のイチ押し講座 ⇒ LECの若手実力派・有山あかね先生の講座が安い!「スキマ時間で宅建合格Webコース
ランキング2位アガルート宅建講座 林裕太先生(資格の大原)、小林美也子先生(元LEC)、横田政直先生(元TAC)などベテラン講師だから分かりやすい。

徹底した演習カリキュラムで得点力アップ、月1回のホームルーム、合格特典など、学習を続けらえる工夫が満載。おすすめ度は星4.5個4.5詳細記事はこちら
ランキング2位オンスク 月額制(サブスク)で受講できる通信講座。TAC宅建講師陣による講義もソレマル。

ただし問題の演習量十分でないので、自分で補強をしないといけない。おすすめ度は星4個4.0
合格者たかちゃん

【先着100名さま】人気書籍をプレゼント!

この記事を書いた人

たかちゃん
たかちゃん
宅建合格者

宅建試験、行政書士試験、FP2級に独学で合格したものの、非効率を痛感。その後、通信講座を利用してビジネス実務法務検定2級、知財検定などに最短合格。現在は予備試験に挑戦中。

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

おすすめスクールまとめ

関連記事

  1. ホームインスペクター(住宅診断士)試験の私の合格証
    【合格者は語る】宅建試験経験者なら絶対ホームインスペクター(住宅診断士)を取得しておくべき!
  2. 【合格者の私が断言】宅建と行政書士試験ダブル合格の3つのメリット&目的別おすすめ通信講座まとめ
  3. 水野健先生が動画で解説、宅建からステップアップしたい資格
  4. 宅建から司法書士へステップアップ!3つのメリットとおすすめ通信講座5選!
  5. 専門用語を正確に覚える重要性
  6. 宅建本試験100日前の大作戦会議
  7. 【2023年】おすすめ競売不動産取扱主任者通信講座!あの横田政直先生が教え、合格率は86.3%
  8. FP解答速報まとめ、宅建とのダブル合格のメリットとは?