不動産鑑定士解答速報、宅建からステップアップがお勧めの3つの理由とは?

宅建を不動産系資格の登竜門とすれば、頂上は不動産鑑定士である。この不動産鑑定士、言うまでもなく難関試験である。その理由の一つが出題法令の多さ。短答式試験(行政法規)では、39個の法令を学習する必要がある。

しかし宅建から不動産鑑定士を目指す受験生の方も少なくない。それは共通する科目が多いからだ。例えば都市計画法や農地法、国土利用計画法、建築基準法などと言った具合である。これらの科目は宅建で学習した内容がそのまま活用できる。不動産鑑定士の詳細はこちら

もちろん宅建だけでも業務はできるが、不動産鑑定士となると業務の幅がグッと広がる。難関試験ではあるが、宅建経験者ならば全くの初学者受験生よりもアドバンテージがあると言えよう。

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. no-image
    TAC宅建、出題予想動画
  2. no-image
    LEC宅建本試験100日前の大作戦会議
  3. no-image
    宅建スクール価格比較
  4. no-image
    司法書士解答速報
  5. no-image
    瀧澤宏之先生の無料の宅建講座が始まる
  6. no-image
    TAC宅建全国公開模試
  7. 合格した!
    合格発表を早く知る方法と、合格証が届くまでの時間【実物あり】
  8. ●宅建解答速報まとめ!講評・合格ライン予想も