TAC宅建の戦略的カリキュラム

宅建試験の受験生の中には満点を目指そうとする方がいる。確かにケアレスミスなどを考えれば、一問でも多く正解したいところ。

しかし満点を目指すとなると、学習すべき分野が極端に多くなる。宅建試験に短期間での合格を目指すならば、合格に必要な7割前後の正解率を目標にし、あとは範囲内の学習分野をひたすら繰り返す、これがベストの方法だ。

7割を目標とすると、権利関係は6問落とせる(=間違えることが可能)。宅建業法ならば4問まで落とせる。他の科目においても同様だ。

どうだろう、精神的に楽になったのではないだろうか?しかしこれは単なる気休めではなく、合格ラインの到達に必要十分な学習範囲を決め、あとは徹底して繰り返す…これが短期合格への決め手なのだ。

そして短期合格を目指す「戦略的方法」を採っている試験対策スクールがある。それはTAC宅建講座だ。TAC宅建講座のホームページでは、具体的な戦略的カリキュラムを公開している。合格を目指す受験生の方にぜひ参考にしてもらいたい。TAC宅建講座、戦略的カリキュラムとは

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. 超短期間でお金をかけず宅建試験に合格するには?
  2. 本を読む
    宅建業法「事前的な規制」と「事後的な規制」で理解が深まる
  3. LEC宅建、実力診断模試
  4. おすすめの宅建登録実務講習を厳選まとめ!
  5. 講義の効果的な受け方と、自宅学習の集中力アップのポイントとは?
  6. 2020年宅建合格を目指す受験生必見!2019年度正答率の低い問題を動画解説!
  7. 応援
    あの西武ライオンズ監督が宅建試験に合格していた!
  8. 行政書士解答速報まとめ、宅建とダブル合格のメリット3つとは?