宅建スクール価格比較

難化傾向にあり、しかも平成27年からは士業に格上げされる宅建(宅建士)試験。従来は市販の問題集だけで挑戦される受験生の方もおられたが、法改正情報など試験対策データが利用できるスクール利用(通学・通信)がベストだ。

ここで各スクールの比較検討をされると思うが、宅建の場合だとスクール数・開講コースも多く、どれも充実した内容になっている。したがって最終的には価格で決める受験生の方もいるだろう。

そんな受験生の方にはBrushUP 学び(宅建)がおすすめ。資格スクールの開講情報に加え、宅建試験の概要なども掲載されている。資料請求も可能である。

また費用の関係で通信講座の利用も難しい受験生の方は、TAC出版の宅建士独学道場がおすすめだ。独学にやや価格を上乗せした感じの手軽な費用が好評で、通信講座ながら全国公開模試を始めとしたスクーリングも用意されている。そして2015年向けからは受験生の方の習熟度別に3コースが開講された。

https://bookstore.tac-school.co.jp/dokugaku/takken/
▲ TAC宅建士独学道場(サイトから)

おすすめスクールまとめ

スクール一覧

  1. 試験対策スクール
    宅建試験の合格を目指す受験生の方におすすめのスクール。通信講座のほか、通学講座も。
    試験対策スクール
    スクールの記事へ

関連記事

  1. no-image
    TAC宅建公開模試
  2. no-image
    行政書士解答速報まとめ、宅建とダブル合格のメリット3つとは?
  3. 合格した!
    合格発表を早く知る方法と、合格証が届くまでの時間【実物あり】
  4. 応援
    あの西武ライオンズ監督は宅建試験に合格していた!
  5. no-image
    不動産鑑定士解答速報、宅建からステップアップがお勧めの3つの理由とは?
  6. no-image
    宅建講座の資料請求は、一括が便利!【比較ができる】
  7. no-image
    宅建カーニバル
  8. no-image
    TAC宅建全国公開模試、全国規模の受験者数で実力チェックを